彩装きもの学院ブログ

2019年04月12日

☆お花見をしました

 午前の認定授与式に引き続き、午後から簡単なテーブルマナーと共に、おいしい食事を
いただきました。
好天気、桜満開の時 お花見にふさわしい思い思いの華やかな着物で、112名の仲間と
楽しみました。新しくなった「ザ・シロヤマテラス津山別邸」からは、鶴山の桜がベストの
角度で眺めることができ、石垣の美しさと大木から咲く薄ピンクの桜は、万葉の時に想いを
馳せるながめでした。
参加してくださった皆様は、「きれい!」というため息と共にテラスで笑顔の写真を撮られて
いました。参加していただいた皆様ありがとうございました。

DSCF9415.JPG
posted by saika at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

☆認定式を終えて

4月6日(土)「ザ・シロヤマテラス津山別邸」において、平成31年度認定授与式を
開催しました。
とても良いお天気に恵まれ、満開の桜のもと 認定・修了証をお一人ずつ受け取って
いただきました。授証されました皆様おめでとうございました。
新しい会場での式典は、改めてそれぞれの頑張りを見直していただけたことと思います。

                                       DSCF9399.JPG

続きを読む
posted by saika at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2019年03月18日

☆豊泉先生個展に参加して

  3月3日(日)「明星桜との融合 豊泉展」に総勢57名、バス2台で京都壬生寺に出かけました。
小雨が気になりましたが、有意義な時間を過ごすことができました。
  豊泉先生の素晴らしい作品と松浦貫主様の法話、一度学院の和装師会に講演に来ていただいた
福田純子先生の「笑顔とありがとう」をテーマにお話を頂きました。その後”土蜘蛛”という狂言を見せ
て頂きました。
  この狂言は重要無形文化財に指定された無言劇です。参加された皆様は大変感動された様子でし
た。楽しい一日を過ごしました。

IMG_20190303_143052.jpg
posted by saika at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2019年03月01日

☆わくわく子供きもの体験

 2月23日(土)午前と午後に分かれ、3才〜12才までの33名の方が体験されました。
ヘアー・メイクも指導を受けながら、お母さん方の手で可愛い着物姿が出来上がりました。
紐を結ぶ手にも子どもを思う優しい母の姿も感じられました。昨年体験した、6才位の
お姉ちゃんが4才位のお友達にお辞儀の仕方を指導している姿は、とてもほほえまかった
です。そして、簡単な立居振舞、お茶のいただき方を学びました。
女の子は大人になるまでに着物を着る機会も多いです。着物を着たからといって特別な
所作はありませんが、一回でも多く袖を通すことを体験していただき、民族衣装である
きものを次の世代に伝承できたらと思います。

DSCF9157.JPGDSCF9167.JPG

posted by saika at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2019年02月21日

☆浴衣着方教室を終えて

 毎年、5月頃から岡山県北のたくさんの中学校で浴衣着方教室を行っています。
2019年1月18日、2018年度最終の浴衣着方教室を津山市の県立中学校で行いました。
後日、生徒さんから感想を寄せていただきましたので、一部をご紹介させていただきます。

  「今回浴衣を自分で着るのは初めての体験でした。いつもは祖母に着せてもらっていたので、こんなに
 難しいとは思っていませんでした。一回目に着た時は、先生に手伝ってもらいながらだったため、綺麗に
 着ることができましたが、二回目に一人で着付けをすると、手が二本では足りないくらい難しかったです。
  また、昔の日本の暮らしやきものの文化について教えていただき、とても勉強になりました。これから、
 自分で作った浴衣をごんご祭りなどで、積極的に着たいし、家族にも伝えたいと思います。」

  「きものを着る機会が減っていることを、講師の先生から伺い、日本の伝統文化の一つである貴重な
 きものの文化が廃れていっていることを知り、残念に感じました。今回実際に浴衣の着方を教えていた
 だき、大変難しかったですが、回数を重ねるうちにだんだん慣れて上手に着れるようになりました。
 今回の講習会で、きものは自分たちの生活の身近にあると感じることができました。今年の夏祭りでは
 浴衣で出かけ、和服のすばらしさをたくさんの人に知ってもらいたいと思います。」
posted by saika at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2019年02月01日

☆H31成人式を終えて

 1月13日 今年も成人式の着つけのお手伝いをさせていただきました。 
 真新しいご自分の振袖に初めて手を通される方、お母様の思い出の着物news_1_132[1].jpg
 に自分の思い出ページを足される方、自分好みの振袖を借りて着られる方
 そして男性の袴姿もちらほら。
  仕上がった姿は、可愛く・美しく・凛しく。すでに成人としての心意気が垣間
 見れたひと時でした。











posted by saika at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2018年11月12日

☆城東むかし町パレードに参加して

 11月4日秋晴れの日曜日「城東むかし町オープニングパレード」
に、それぞれの思いのおしゃれ着を自分らしく装い、約60名で
参加しました。
 1km弱の沿道には、各地区から大勢の方が出かけられており、
温かい声援の中でのパレードでした。帰路では、地元各町内会の
出店、メイン会場での催しを楽しむことができました。
途中では、「着物姿はいいですねー」との声もかけていただき、
参加された会員さんも一人ではなかなか思いつけない着物での
お出かけが大勢で楽しめてよかったと満足した表情でした。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。
続きを読む
posted by saika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2018年08月29日

☆日本和装師会津山研修会を終えて

  8月25日津山圏域雇用労働センターにおいて、「和装師会津山」を開催しました。
この研修会は、服飾研究家 市田ひろみ先生が、私たちの活動を着物教育の草の根
運動だと高く評価して下さり、この研修会を和装師会津山研修会として下さいました。
 今年は、皆さんに手を動かしていただこうと、舞妓着付けを計画いたしました。
本振袖・白無垢は、上級コースで習得できますが、皆さん始めての舞妓着付けで
とても楽しみにして下さっていました。

まずは、学院長の解説で舞妓の歴史から着せ付けの指導を行い、それに従って舞台
上で2人の講師が舞妓さんを仕上げた後、全員の方に手を動かしていただきました。
日頃、着物で手を動かしておられる方が多く、熱心に手際よくされていたように思いま
す。最後にモデルさんと自分たちが仕上げた舞妓姿の作品を囲んで記念写真を撮り
ました。


H30.8和装師会写真.JPGH30.8和装師会写真2.JPG
posted by saika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2018年08月20日

☆可愛い振袖姿と清々しい花嫁姿に感動

 8月10日(日)本振袖・振袖姿の体験をしました。
昔から受け継がれてきた文金高島田姿の花嫁さんは、淑やかで周りの人たちに感動を与えました。
最近の洋髪の花嫁姿を体験される方もいらっしゃり、会場内がとても華やかな空気に包まれました。
また、振袖姿を体験されたお嬢様は、好みのお振袖に手を通し、嬉しそうでした。機会ある毎に着物
で思い出を残して欲しいと思いました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
posted by saika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2018年08月09日

☆夏の風物詩 浴衣で花火を!

 8月5日「ごんご祭り花火大会」に合わせて、私たち彩装きもの学院でも、浴衣でお友達、
ご家族など、たくさんの方が集いました。教室内では、大人向け、子供向けと2本の映画を
上映し、18時から屋台を開きました。かき氷・ジュース・ビール・焼き鳥・フランクフルト・お
にぎり等をいただきながら、夜空に繰り広げられる花火の共演を楽しみました。
posted by saika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ