彩装きもの学院ブログ

2013年09月25日

復習講座の日程更新

P3130005.JPG

彩装きもの学院では、お稽古修了後でもお稽古できるように各地域の公民館やコミュニティーで毎月テーマを決め復習講座を行なっています。

H25年10月から12月の日程を更新しました。
地域の方、一般の方でも1,500円で参加して頂けます。見学だけでも歓迎してますので、気軽にご参加ください。

詳しい日程は、彩装ホームページの【各地域での復習講座】をご確認ください。

場所などのお問い合わせは0868-31-0377(彩装きもの学院)までお気軽にどうぞ。

posted by saika at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2013年09月12日

不定期掲載第41回『きものと私』

『きものと私』と題して生徒さんに書いて頂いた作文を紹介します。

『きものと私』         20代女性

 私が着付けを習い始めたきっかけは、浴衣レッスンからでした。そして、あまり深く考えず、なんとなく着物が自分で着られたらな、と思い習うことにしました。

 それまで着物についてほとんどと言っていいほど知識はなく、それぞれの名前や着物のたたみ方も全くわからず、まずそこからのスタートでした。
そして、いざ自装のお稽古が始まると、とにかく体が動いてくれない、覚えられない、の連続でした。何度やってもなかなかうまくいかなかったり、次のお稽古の時には忘れてしまっていたり…一人で着られるようになれるのか不安になることもありました。

 そんな時、着物ショーのモデルを体験させていただきました。他のモデルの方を見ていると、洋服と着物ではガラリとその人の雰囲気が変わったことに驚き、自分自身も普段、着られない着物を着てとても嬉しくなり、改めて着物の魅力を感じました。そして自分で着物を着られるようにお稽古を頑張ろうと思うようになりました。

 提案会にも何度が行かせていただき、いろいろな着物を見て触らせていただきました。そこでは着物を作っている方のお話を聞くことができ、一枚の着物が出来上がるまでに、気が遠くなるような作業を何度も何度も重ね、やっと仕上がるんだと知りました。作り手の方の思いを知り、だから着物には奥深い魅力があるのだ、大切に着なければいけない、と思うようになりました。
 そしてまた、着物を買う側にも、親から子、孫へなど、それぞれ想いが込められていて、だからこそ、着物を着た人のその人らしさが表れるのだな、と感じました。

 着物を習い始め、今まで知らなかった世界を知ることができ、自分自身、少しだけ成長できたような気がしています。ここまで、何とか続けられたのは先生の熱心なご指導があったからだと思います。何度やっても覚えられない私に根気強く付き合ってくださり、そして着物の魅力や楽しさを教えてくださり、本当に感謝しています。これからも着物を着る時は先生の声が聞こえるような気がします。
まだまだ基本的な技術だけなので、もう少し練習が必要かもしれません。その時はまたご指導よろしくお願いします。
ありがとうございました。          


posted by saika at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | きものと私

2013年09月09日

特別 入会キャンペーン

期間限定の新コース!!

●女子力アップコース

自分できもの着られる4ヶ月コースと自由に選べるスクーリングお楽しみ講座

キャンペーン期間 9月1日〜12月末
                               月謝 5,250円〜

●スクーリングお楽しみ講座(実費)DSCN0867.JPG
       スケジュール

10月 お茶のいただき方と社会人マナー
11月 フラワーアレンジメント
12月 きものでX'masパーティー
 1月 オリジナル匂袋作り
 2月 きものに合うヘアーメイク
 3月 きものランチパーティー
 4月 きもので花見
 5月 きもの園遊会

詳細、ご質問はTEL0868-31-0377でご確認ください。
posted by saika at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2013年08月30日

振袖・本振袖体験&撮影会

8月18日(日) 成人式を来年に控えておられる方、高校生の方などが参加され、本振袖では、未婚の方はもちろんですが、白無垢は本番で着ても本振袖は着られなかったから体験したいという方が今年は数人いらっしゃいました。とても嬉しいことでした。

時代の流れも添っているように思われますが、初々しく、重厚みのあるこの姿は私たちが後世に伝えていかなければと改めて思いました。そして、ご家族、親類の方など、見学に来てくださり、一緒に楽しんでいらっしゃる姿は微笑ましかったです。

014.JPG027.JPG
posted by saika at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記

2013年08月10日

お盆休みのご案内

x6maegW4.jpg

誠に勝手ではありますが、8月11日〜16日までお休みさせていただきます。
17日(土)より営業しておりますので、よろしくお願いいたします
posted by saika at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 学院からのお知らせ

2013年08月06日

ごんご祭り

20130804_182620.jpg
8月3日(土)・4日(日) 津山市の夏の一大イベント「ごんご祭り」に合わせて、彩装きもの学院では3・4日は浴衣の無料着付けと4日はお涼み会を企画しました。

浴衣の着付けは例年通り行い、2日間で大勢の方に浴衣を着ていただきました。4日は生憎の悪天候の為、駐車場2Fで予定していたお涼み会は変更になり、1階の屋根のあるスペースでの模擬店となりました。
悪天候とスペースが狭いにもかかわらず、大勢の会員さん家族、お友達が足を運んでくださり、皆さんと屋根の下での花火観賞となりました。

足元の悪い中でしたが、お越しいただいた皆さまありがとうございました。
posted by saika at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記

2013年08月03日

彩装きもの学院×アルネNARUTO-ナルト-フェスタ!!コラボ企画!!

浴衣で楽しめるイベントのご案内です。
急遽、決まったコラボ企画!!「浴衣を着て、NARUTOフェスタへ行こう!!」

8月3日(土)・4日(日) アルネ津山で行われている「NARUTOフェスタ」へ浴衣を着て行くと、なんと通常の入場料300円が→100円で入場していただけます!!

彩装きもの学院では3・4日は浴衣の着付けを無料!!またレンタル浴衣(着付け込み)1,000円でさせていただいていますので、ぜひご利用ください。

当日はファン必見の声優さんによるトークショー&サイン会などのイベントもありますし、吉井川周辺では「ごんご祭り」も行われていますので、ぜひ浴衣でイベントに参加しましょう!!

IMG_20130802_1.pngIMG_20130802_2.png

2013年07月23日

振袖・本振袖体験&撮影会

P8250079.JPGDSCN1267.JPG

本番に差をつけるのは、きものを着た体験回数です。
結婚式・成人式など、大切な日の為にプロによるヘアーメイク・着付けを体験してみましょう。また、写真で美しく見えるポーズを知っておくことも大切なことです。プロのカメラマンによる撮影会も併設しています。

●日 時 8月18日(日) 9:00〜15:00
※時間は30分間隔での予約制になっています。一杯の場合もありますので、お問合せください。
●場 所 彩装きもの学院

参加費 振袖   7,000円
      本振袖  10,000円

(ヘアーメイク・着付け・写真1ポーズ付、消費税込み)

※写真のポーズ数などは2ポーズ・3ポーズもできますので、ご相談ください。お持ちの振袖を持ってきて頂いての体験もOK!成人式の前撮りとしてもご利用いただけます。もちろん体験用の振袖も多数あります。

申し込み・お問い合わせはTEL0868-31-0377まで気軽にどうぞ。

2013年07月18日

お涼み会inごんご

a0181194_21492652.jpg
写真提供Studio Triton

8月4日(日)18:30〜 彩装きもの学院の2F駐車場で【お涼み会】を行います。
会場からは、花火も見えますし、ビール・ジュース・おにぎり・焼き鳥・フランクフルト・かき氷などスタッフによる模擬店も準備してますので、みんなでワイワイしながらごんご祭りを楽しみましょう♪
当日の19:00〜はフラダンスも見ていただけますので、お楽しみに☆

また8月3・4日ごんご祭り当日は浴衣の着付け無料!!ごんご祭り会場からも近いので着崩れを直してほしいなど、予約不要で気軽にお越しください。
浴衣をお持ちでない方は浴衣レンタル(着付け込み)1,000円もしているので、ぜひご利用ください。

2013年07月04日

不定期掲載第40回『きものと私』

『きものと私』と題して生徒さんに書いて頂いた作文を紹介します。

『きものと私』         匿名女性

 私が『着付けを習いたい』と思った一番の理由は、着物が好きで自分で着てみたかったからです。昔から着物、浴衣、袴などにとても興味があり、日本にしかない文化がとても好きでした。小さい頃、夏祭りに行く時は、よく祖母に浴衣を着せてもらっていましたが、実際に自分で着る事が出来たら、もっと自分自身のレベルアップに繋がるのではないか、そう思ったのが着付けを習い始めた一番の理由です。

 実際に着付けを習い始めてみると、着物の種類や名称、道具の名前など、わからないことだらけで、苦労することもたくさんありませた。でも、着物のたたみ方がわかるようになり、自分で着れるようになり、人に着せ付けができるようになり、少しずつでしたが、自分の中に着物の知識が入ってくることがとても嬉しかったです。

 着物を着た時の、女性らしいしぐさや、立居振舞も少しですが身に付ける事が出来て嬉しく思います。
仕事の関係で、お稽古が夜遅くなってしまう日や、突然お稽古を変更してもらうこともありましたが、今まで一生懸命、指導してくださった先生方には、とても感謝しています。

 今、着物離れが進んでいるという話を聞きましたが、私の家では、初詣は着物を着て行こうね!と話しています。私はこれからも着物が身近な存在であってほしいなと思います。
大変なこともたくさんありましたが、着付けを習って本当に良かったです。菅田先生ありがとうございました。         


posted by saika at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | きものと私