彩装きもの学院ブログ

2012年04月26日

不定期掲載第33回『きものと私』

『きものと私』と題して生徒さんに書いて頂いた作文を紹介します。


『きものと私』           20代女性

 私が着付けを習うようになったきっかけは、母の勧めです。仕事を辞めてから特に目標が持てなかった私に「着付けを習ってみない?技術を身に付けておくと将来役に立つよ。着付けなら良い先生を知っているから、そこで習ってみたら?」と言ってくれました。

 授業料のことや、続けることができるのか不安だったので、勧められた時はすぐに返事はしませんでした。しかし、以前 母が「浴衣を着せてあげたかった」と私に言ったのを思い出し、きもの姿を見せてあげたいという気持ちや、私も子供ができたら着せてあげたいと思うようになったので、お稽古を始めることにしました。これが着付けと私の出会いです。

 本当に何もわからないところからのスタートでしたが、一年経たないうちに一級の試験に合格することができました。友人の結婚式には自分できものを着るという目標があったのも、お稽古に対するやる気に繋がって良かったと思います。

 去年は友人の結婚式に4回出席したのですが、すべて自分で着たきもので出席することができました。きものを着れるようになり、私自身が嬉しかったのはもちろんですが、何より友人が喜んでくれたことが私には一番嬉しかったです。着付けを習っていなかったら『友人の結婚式にきもので行く』という選択肢はなかったと思います。私だけではなく、周りの人も笑顔になれたのでお稽古を始めて本当に良かったです。

 お稽古を始めた時は、きものを着れるようになることが目標でしたが、今は美しい着姿や立居振舞いができるようになることが目標です。言葉遣いや心遣いに気をつけ、もっともっときものが似合う女性になりたいです。気持ちに良い変化をもたらしてくれるところも、和装の素敵なところだと思います。

 今後は、自分の知識や技術に自信が持てるようにしっかり復習していきたいです。     


着付けは決して難しいものではありません。しかも自分に様々な変化を与えてくれます。
自分だけでなく周りの人も笑顔にするきものって本当に素敵だと思います。
まずは体験コースから感じてみてください!!


posted by saika at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | きものと私

2012年04月18日

園遊会のお知らせ

P5280154.JPG

5月26日(土) 津山市衆楽園で園遊会を行ないます。

新緑の鮮やかな日本庭園の素晴らしい衆楽園でのんびりと仲間や親子・家族で楽しく過ごしましょう♪

★参加はどなたでも、きものでも洋服でもOK!!自由に楽しみましょ♪
当日はきものレンタルも実施!(着付け込み)1,000円

★会費 2,000円(お弁当・抹茶・コーヒーorジュース付き)
      700円(抹茶・コーヒーorジュース付き)
★内容
●体験コーナー ●きものショー ●模擬店 ●お茶席 ●バザー ●展示
などなど・・・催し色々!!素敵な出会いや交流の場としても楽しんでもらえます。

★募集
●展示・・・趣味の発表として展示を行なっています。(申し込み期限5/7)
●バザー・・・毎年、色々なものが出展しています(申し込み期限5/7)
●モデル・・・この機会にきものショーのモデルをしてみたい方はぜひ♪(特に年齢制限・性別などの規制は設けていません。小さいお子様や男性の方も募集しています。申し込み期限4/25)

※会費2000円と、きものレンタルの申し込み期限はお弁当・きものの準備の都合上5/24とさせていただきます。会費700円の方は当日入りもできますので、気軽にお越しください。

その他、ご質問・お問い合わせ・お申し込みは気軽にTEL0868-31-0377かホームからお願いします。


また去年のイベントの様子を彩装のホームページの【学院からのお知らせ】から【過去ログ】の【2011年6月】で紹介しています。

2012年04月16日

舞妓体験

4月7・8日の2日間 彩装きもの学院で舞妓体験を行いました。

イベントの様子を少しですが、写真と一緒に紹介します。


やっぱり女性の憧れ舞妓さん。今年も幅広い年代の方に体験して頂きました。

白塗り、彩装では京都 上七軒の舞妓さんに技術を習って行っています。

DSCN0405.JPGDSCN0407.JPGDSCN0408.JPG


みんな舞妓さんになりきって楽しんでいます♪

DSCN0421.JPGDSCN0429.JPGDSCN0443.JPGDSCN0449.JPGDSCN0453.JPGDSCN0462.JPGDSCN0471.JPGDSCN0488.JPGDSCN0511.JPGDSCN0529.JPGDSCN0550.JPGDSCN0561.JPGDSCN0566.JPGDSCN0578.JPG

二日目の午前中には舞妓さんと鶴山公園へ登ってきました。あまり桜が咲いていなかったのもあって、すぐに舞妓さんの周りはすごい人だかりになりました。

DSCN0495.JPGDSCN0497.JPGDSCN0498.JPGDSCN0500.JPG

彩装では毎年、4月に舞妓体験を行っています。
イベントの案内等は彩装HP・津山瓦版・FBページ http://www.facebook.com/saisokimono 等で行っています。色々なイベントを行っているので、ぜひ参加してみてください。
posted by saika at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記

2012年04月11日

今日のきもの美人【舞妓体験編A】

前回に引き続き4月7(土)・8日(日)の2日間 彩装きもの学院で舞妓体験してくださった方にアンケートと写真に協力して頂きました。

今回は前回、紹介できなかった3名を紹介します。

アンケートの質問内容は下記の通りです

@ 年齢 A きものを着たのは何回目ですか? B 舞妓さんに変身してみての感想
C 今後もきもの体験などできものを着てみたいですか? C その理由



DSCN0492.JPGDSCN0493.JPG
@ 15歳
A 何回も着ました!
B きものが結構重かったけど、たくさんの人に写真を撮って頂いて、とても楽しかったです。
中々、こんな経験をすることができないので一生の思い出になりました。
C はい!!
D 今回、体験させて頂いてすごく楽しかったから。


DSCN0522.JPGDSCN0523.JPG
@ 21歳
A 8回目くらい(現在おけい古中)
B 白塗りをしてもらって、どんどん変わっていく自分にびっくりしました。変身した後、一瞬 自分じゃないように思った。
きものは重かったし、ぽっこりも歩きにくかったけど、とてもいい経験でした。色々な方に誉めて頂けてとても嬉しかったです。
C はい。
D 十二単を着てみたい!!


DSCN0593.JPGDSCN0594.JPG
@ 23歳
A 10回以上(現在おけい古中)
B とても楽しかったです。視線が気持ちよかったです。
C はい
D 自分の振袖を持っているので、たくさん着る機会があれば嬉しいです。


次回は体験の様子をご紹介します♪
posted by saika at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のきもの美人

2012年04月09日

今日のきもの美人【舞妓体験編】

4月7(土)・8日(日)の2日間 彩装きもの学院で舞妓体験を行いました。

体験の様子は後日紹介します。

舞妓体験してくださった6名の方にアンケートと写真に協力して頂きました。

今回はそのうち3名を紹介します。

アンケートの質問内容は下記の通りです

@ 年齢 A きものを着たのは何回目ですか? B 舞妓さんに変身してみての感想
C 今後もきもの体験などできものを着てみたいですか? C その理由


DSCN0422.JPGDSCN0423.JPG
@ 10歳
A 10回ぐらい
B 思ったより綺麗でした。カツラが重かった。
C また舞妓をしてみたい
D もう少し大人になってからもしてみたいから


DSCN0450.JPGDSCN0452.JPG
@ 32歳
A 10回以上
B いつもとは違う自分でうれしかったです。
C 機会があれば。
D いつもとは変わった感じになれるし、着せつけも楽だったので。


DSCN0537.JPGDSCN0538.JPG
@ 26歳
A 3回目
B 華やかで良かったです。
C はい!
D 中々、チャンスがないので。


残りの3名も近日中にアップします。明日かな!?一週間後かな!?お楽しみに♪
posted by saika at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のきもの美人

2012年04月02日

奄美大島ツアー 大島紬研修

3月30日(金)〜4月1日の二泊三日の奄美ツアーに総勢20名で行ってきました。

少しずつ写真つきで紹介します。

まずは景色を楽しみに「あやまる岬」へ・・・天気の心配をしてましたがこの天気るんるん
DSCN0004.JPGDSCN0015.JPG

その後、昼食を食べに「元祖鳥飯 みなとや」こちらではあまり馴染みが無い料理だけどさらさらっと食べれて美味しかったです。(料理の写真は撮り忘れましたたらーっ(汗))
DSCN0021.JPGDSCN0026.JPG

昼食後「奄美パーク・田中一村美術館」へ展望タワーからの景色exclamation×2
DSCN0049.JPG

一度、ホテルに行き きものに着替えて紬会館を訪ねました。30分しか着替えの時間がなかったのに集合時間にみんなそろい「さすがだなぁ」と思いました。
「紬会館」では大島紬の検査の様子や織りの作業を見学し、本場奄美大島紬協同組合の理事長との対談では大島紬の現状・産地の取り組みなどを聞かせてもらいました。
一番初めの写真は大島紬の年間の生産単数です。数字でみると減り具合が一目瞭然で驚きました。
DSCN0119.JPGDSCN0058.JPGDSCN0063.JPGDSCN0068.JPGDSCN0071.JPGDSCN0094.JPGDSCN0096.JPGDSCN0098.JPGDSCN0101.JPGDSCN0109.JPGDSCN0114.JPG

龍郷柄で有名な龍郷町に最近できたモニュメントの前での記念撮影カメラ
DSCN0126.JPGDSCN0131.JPGDSCN0134.JPG

大島紬の染色に使用するテーチ木(車輪梅)の花かわいい
DSCN0141.JPG

そしてホテルに戻っての夕食では温かい歓迎を受けましたわーい(嬉しい顔)
DSCN0169.JPGDSCN0192.JPG

奄美二日目
午前中は予報通り雨で少し予定を変更して「奄美海洋展示館」
DSCN0228.JPGDSCN0213.JPG

その後まだ雨が残っていたのでマングローブパークでのカヌー体験組とバスガイドさんオススメスポット散策組とに別れて奄美の魅力を体験しました。写真はカヌー体験るんるん
DSCN0247.JPGDSCN0248.JPGDSCN0243.JPG

お昼からは午前中が嘘のように天気も回復し「金井工芸」さんで泥染めの行程の研修を行いました。
DSCN0289.JPGDSCN0254.JPG

大島紬の染色はまずテーチ木をチップ状にくだいて煮出します。そうしてできた液は使い捨てでこのテーチ木の費用だけで月に50万円ぐらいかかるそうです。この液にはタンニン酸というのが含まれていて、泥田の鉄分と科学反応させることで色を染めていきます。この作業を繰り返し何十回も重ね大島の独特の黒い色を出します。
DSCN0259.JPGDSCN0262.JPGDSCN0264.JPGDSCN0275.JPGDSCN0276.JPG

他の土地よりも鉄分の多い大島独特の染色方法です。その証拠に大島には鉄を栄養分とする蘇鉄(そてつ)山があります。
DSCN0291.JPG

金井さんの指先が染まっているのが印象的できつい作業に加えて、この工房も昨年の記録的豪雨による土砂崩れで一度はダメになり、辞めることも考えたそうですが、あきらめずに復興したそうです。
DSCN0256.JPG

続いて訪れたのは「伊勢紬工房」
ここでは織り・染色以外の工程について研修しました。大島紬ができるまでには30工程ぐらいあり、その全てが分業になっています。なので高齢化が進んでいる現代でどれか一つでも欠けたら完成しない危機にある事や大島紬独特の細かい柄を作るには2回機織をするなど中々、話だけでは伝わらないことを、丁寧に実演を交えながら教えてもらいました。
DSCN0295.JPGDSCN0301.JPGDSCN0307.JPGDSCN0310.JPGDSCN0316.JPG

その後、また大急ぎできものに着替え「かがんばなトンネル」へここはトンネルの穴に夕日が重なって見えるということで最近パワースポットとして注目されているそうですが、今年に入ってまだ2回しか見えてないそうで、この日も雲に隠れてしまい、直前まで出てただけにホント残念でしたふらふら
DSCN0331.JPGDSCN0332.JPGDSCN0335.JPG

この日の夕食後、地元の方が二十人ぐらい集まってくれて島唄と踊りで交流会を行い、楽しい夜を過ごしましたぴかぴか(新しい)
DSCN0371.JPGDSCN0377.JPGDSCN0387.JPG

奄美三日目
この日の天気も晴れ最終日は黒糖工場を見学しお土産をたっぷり買い込み奄美を後に帰ってきました。
DSCN0397.JPGDSCN0395.JPGDSCN0404.JPG

今回の彩装の旅行も中々、マニアックなツアーで楽しんでもらえたのではないでしょうか。
奄美の人は温かくホント前向きで初日に訪問した紬組合の理事長が「大島紬の生産数は年々減っているが、最盛期より今の方が質の良い物が作れている。それを皆さんに感じてもらいたい。産地は絶やさぬよう努力する」と言われていました。

研修を通じて「見て」・「聞いて」・「感じた」事を少しでも伝えられたらなぁっと思います。

posted by saika at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記